沿革

1950年5月
(昭和25年5月)
資本金150万円 冨士コンベヤー株式会社を福岡県直方市赤地に創立。
1953年1月
(昭和28年1月)
特許 冨士式蛇行調整キャリヤ・リターンを販売開始。
1955年7月
(昭和30年7月)
東京工場新設。大阪,札幌出張所開設。
1956年1月
(昭和31年1月)
特許 U型ベルトコンベヤ販売開始。
1960年7月
(昭和35年7月)
資本金 1,000万円に増資。
1960年12月
(昭和35年12月)
創立者 吉村敏雄 紫綬褒章を受章。
1961年7月
(昭和36年7月)
資本金 2,000万円に増資。海外輸出開始。
1962年7月
(昭和37年7月)
資本金 3,000万円に増資。
1964年3月
(昭和39年3月)
資本金 4,500万円に増資。
1973年9月
(昭和48年9月)
本社工場を現住所へ移転。
1976年10月
(昭和51年10月)
実用新案 電動調整キャリヤ・リターンを㈱松島機械研究所と共同開発、販売開始。
1979年5月
(昭和54年5月)
インドネシア共和国アサハン・アルミニューム製錬工場へ長距離ベルトコンベヤ(全長2,600m)を納入。
1980年11月
(昭和55年11月)
特許 カーブベルトコンベヤ販売開始。
1983年12月
(昭和58年12月)
CAD導入。
1992年11月
(平成4年11月)
新本社 社屋を落成。
1997年7月
(平成9年7月)
本・支店間のコンピュータネットワーク化を行なう。
2000年5月
(平成12年5月)
ホームページ開設。
2003年4月
(平成15年4月)
マイコン制御調整キャリヤ販売開始。
2010年5月
(平成22年5月)
創業60周年を迎える。
2011年8月
(平成23年8月)
石灰石大塊輸送コンベヤの制作・納入。